Hatena::Groupjiangmin

jiangminの学習帳 RSSフィード

2012-02-17

複合数詞の結合順序は言語分野の語順パラメータの支配をまったく受けていない

印欧語語順の1500年間に渡る異様な激動の根本原因は、世界認識パラメータと普遍文法主要部パラメータの闘争である

 そして、数詞や複合数詞の概念は普遍文法の主要部パラメータ(隣接する複数の単語
を結合する際に主要部の前置・後置を決める原理)の獲得以前に定まっていたのではな
いかと推測されます。少なくとも、私が「言問いメール516号/チョムスキー普遍文
法のIPパラメータ値は複合数詞の結合順序と完全に一致するか / ピアジェ=チョム
スキー論争、ピアジェ=ヴィゴツキー論争の『決着』を覆す新しい世界認識制御因子の
発見 」で提起した3つの認知分野に所属する言語表現は言語分野の語順パラメータの支
配をまったく受けていないことが分かっています。
トラックバック - http://jiangmin.g.hatena.ne.jp/jiangmin-alt/20120217

2012-02-03

印欧語の語尾は同一の形態素の中に文法的には全く性質の異なったいくつもの機能が混在

松本克己『世界言語への視座』を読む(その3) 印欧語における統語構造の変化の原因 - 言問い亭12月号 (2011年)

 従来あまり注意されなかったことであるが,印欧語の格組織(あるいは
「格変化」 declension」)は,他の諸言語にはほとんど例のないきわめて
特異な性格を持っている.というのは,いわゆる「格語尾」が単に「格」
の機能を標示するだけでなく同時に,「数」(および「性」)の機能をも
標示するという事実である.つまり同一の形態素の中に文法的には全く性
質の異なったいくつもの機能が混在(または融合)しているわけで,これ
は言語の機能的観点から見て決して好ましい特性とは言えない.印欧語に
おいて「性」の機能が格変化の中に組み込まれたのはそれほど古い時期と
は思われないが,「数」と「格」との融合は祖語の相当古い時期に遡ると
思われる.古代インド語に見るような印欧語の格組織がどのようなプロセ
スによって成立したかという問題はしばらく措き,ともかく「格語尾」の
持つこのような”多義性”(polyfunctionality)は,印欧語の格組織にとっ
て致命的な弱点であったと言わなければならない.
(柴田注:ズームアウト/イン型精神構造パラメータという私の仮説から
見ると、非常に古い時代には,全ての印欧諸語はズームアウト型であり、
かつOV型言語であったために、言語分野では常にズーム・パラメータと
それに矛盾する主要部(支配方向)パラメータとの激しい主導権争いがあ
り、松本氏がここで解説するような弱点を抱えていた言語構造の側に勝ち
目はなく、ヨーロッパ諸言語はズーム・アウト型パラメータに屈服して主
要部前置(右向き支配)の方向へ全面的に「転向」したのです.しかし,
インド諸語はいったん格組織が崩壊したものの、個別モジュールである言
語のパラメータが「奮起」して,全面的で自主的な機構改革を断行するこ
とにより,言語構造の論理的整合性と透明化を達成したために、ズーム・
パラメータの圧力を跳ね返して、言語分野における自己の支配権を(再)
確保したのだと考えます。)

そんなこと気にしたことなかった…。すごい。

トラックバック - http://jiangmin.g.hatena.ne.jp/jiangmin-alt/20120203

2010-03-09

言葉の意味を知っているというのはどういうことだろう

ムバーラク大統領の手術成功 - ろば日誌 アラビア語とエジプトとニュース

الحوصلة المراريةはgall bladderで、胆嚢の意。アラビア語も英語も知りませんでした。もう一生使わない気がします(笑)。というか、日本語でも言葉は知っていても、具体的なことはほとんど知りません。

 こういう言葉に出会うと、言葉の意味を知っているというのはどういうことだろう、と考えます。ウィトゲンシュタインを待つまでもなく(笑)、当該言語の内部で運用できれば良いのですが、その運用というのは、意味の詳細や正しい情報を知っていることではなく、その単語に慣れ、最低限の連合関係(身体の一部である等)を把握し、「正しい間違え方」ができることなんですよね。面白い。

トラックバック - http://jiangmin.g.hatena.ne.jp/jiangmin-alt/20100309

2007-10-14

コミュケーション・パターンの分類(information→attitudes→action)

日向清人のビジネス英語雑記帳:(続)学習者のためのコミュケーション・パターンの分類

ここで言う「概念」とは、抽象的なところでは、何かがあるとかないとか、あるいは距離がどうのといったことを話題にする場合に知っておく必要のある概念であり、具体的には、例えばグルメ談義に参加する場合なら、食材や調理法がそれぞれ何を意味しているか知る必要があることを意味します。

「機能」とは要するに「何のためにそれを言うのか」という目的のことです。例えば、概念機能アプローチによる代表的な英語教材と言える Jon Blundell らの Function in English (Oxford University Press) は、「同意する」「あやまる」「礼を言う」といった目的別の言い回しをまず大きく、 information, attitudes, action に区分して、それぞれにつきさらに小項目を設けてそれに対応する言い回しを列挙しています。

特に注目すべきはこの区分の立て方で、自分の感情や判断の大本となっているのは information で、そういった information に基づいて attitude が形成され、次いでこの attitude から一定の course of action が出てくるという枠組みによっています。なるほどと思うのが、information に関わる事柄、例えば、人の国籍や出身地といった話題を取り上げるときは疑問文が多く、また、それに対する回答もおのずと「スペインから参りました。マドリードの出身です」的な事実の表明が多用される点です。同じコミュニケーションでも、意思や感情の一方的表明が柱となる attitude の場合と、さらには相手に働きかけて何かを変えようという action の場合とも本質的に違っているわけで、区別する実益があるなと納得できます。

トラックバック - http://jiangmin.g.hatena.ne.jp/jiangmin-alt/20071014